メリットと高める条件

秋から冬にかけて、湿度が減少して乾燥しやすい季節になると、全身の肌の乾燥もしやすくなります。

 

肌の乾燥が起きると、肌表面に張り巡らされているように存在している角質同士の間に隙間ができやすくなります。するとその隙間から外気や細菌などの外敵が侵入することによる刺激を受け、かゆみや痛み、肌荒れの悪化などが起きる状況になります。肌表面の潤いを保ち、角質の膜を保護するような対策を行うと、その保湿の効果によってこれらの症状を防ぐことが可能になります。保湿を実行する方法には、乾燥を防ぐ軟膏薬やクリームなどを定期的に塗る、綿の素材を使った衣類をまとう、屋内の湿度を60~70パーセントの間に保つ、といった方法があります。こうした手法は、やり方によってより効果を高めることが期待できます。クリームや薬品を塗る時は、大量に塗り付けるのでは無く、少量を肌になじませるように軽く叩く様にする方が良いとされています。また睡眠中などは、寝具や衣服、手袋や靴下を綿製にすることの他に、口周りの乾燥を防ぐためにマスクを着用することも奨められています。屋内の湿度に関しては、寝床の周辺にお湯で軽く濡らしたタオルを下げておくと、丁度良い程度の保湿の効果を呼ぶとも言われています。

椅子と観葉植物

 

その他、大根やゴボウなどの根菜や白菜、ネギなどの秋から冬の季節に旬を迎える野菜を多く摂取すると、体全体への保温効果から血行を良くし、皮膚組織への循環を良くすることによって間接的に保湿の効果が期待できるとされています。反対に乳脂肪分や糖分などの体を冷やす作用を持つ食材は、冬場では控えた方が良いとされます。こうした細かい点も、保湿の効果を左右します。

コメントは受け付けていません。