保湿の基礎知識の中でもとくに重要な知識とは

保湿の基礎知識の中でも、とくに重要な知識になるのが、肌質に関する知識です。

椅子と絵画と花

 

 

保湿ケアは肌質に関係し、肌質によっては保湿ケアを上手に切り替えたり、導入方法を注意したりする必要があるということを、保湿の基礎知識として知っておくことはとても大切です。肌質に関する保湿の基礎知識を身につける前に、自分の肌質がどの肌質にあてはまるのかを知っておく必要があります。お肌の状態を、完全に一つの肌質にあてはめてしまうのではなく、季節ごとに肌質が変わっていないか確認することや、体調の変化とともに肌質にも変化があらわれることはないか注意することがポイントです。肌質が変化したときには、変化後の肌質に合わせて、保湿ケアを行っていきます。すると、お肌の状態が安定してきて、肌質も一定になることがあります。つまり、どんな状態のお肌にも保湿ケアは大切であるというわけです。

 

 

 

具体例を挙げると、乾燥肌は保湿をしっかりと行わなければなりませんが、混合肌の場合は、パーツごとに様子を見ながら保湿ケアを行う必要があります。ニキビ肌である場合、保湿ケアはあまり必要ないと間違った解釈がされてしまうことが多いため、保湿ケアも間違った方法で行われることがあります。ニキビが発生しやすい肌質は、逆に入念に保湿ケアを行う必要があるケースがあるので、肌質と保湿ケアはセットで考えなければなりません。乾燥肌の場合は、保湿ケアを見た目だけで判断せず、内側からも潤っているか確認しながらケアをします。